このページのリンクアドレス

エブリスタ
夏の夜の夢

小説 恋愛 純愛

さくらちる、さくらさく。

夏の夜の夢

鶴守主藍梨

さくらちる、さくらさく。のショートストーリー第一弾

完結

10ページ

更新:2016/06/05

説明

1992年、夏。
桜咲く作戦から2ヶ月後、「僕」はあやふやで浮ついた初恋を抱えたまま、夏の吹奏楽コンクールにサポートメンバーとして出陣した。

その帰り道。
1年生で唯一コンクールに出場したファゴット奏者「松本祐実」の隣で、「僕」はひとり眠れずにバスに揺られている。

「さくらちる、さくらさく。」シリーズ番外編
第一弾「夏の夜の夢」



※本編「さくらさけ。」の後で読むことをオススメします

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

鶴守主藍梨さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません