このページのリンクアドレス

エブリスタ
月に恋した花は

小説 童話・絵本

月に恋した花は

桜餅兎

(1)

花の妖精は月の妖精に恋をしました

完結

27ページ

更新:2016/06/07

説明

あるところに、変わり者の花の妖精がいました。
月明かりの下で、花の妖精は歌います。
そんなときに声をかけてきたのは、月の妖精でした。

満月の美しい夜に、彼女は――


※この話は99%の妄想と1%のその他からできています。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

*アノマテカ*
*アノマテカ*さん
【作品】月に恋した花はについてのレビュー

ネタバレ

「ーーということなの。うさぎさん」

アジサイ咲き乱れる雨上がりの夜、花の妖精はそう言葉を結んで、うさぎの頭をなでました。

「それはとてもすてきなお話ね」

そう言って、うさぎは目を細めてうなずきました。

ほめられた花の妖精は照れたように笑うと、また顔を真っ赤にします。

「ありがとう。でも、このときのことを思い出して私が歌うのはとても恥ずかしいの。だから……」

そう言いながら、花の妖精はうさぎを抱き上げると、うさぎの目をまっすぐ見つめました。

「あなたが私の代わりに歌ってくれないかしら」

思わぬ依頼を受けたうさぎは顔の前で線香花火が弾けたみたいに目をパチクリさせて、首をかしげました。

「いいの?あなたが歌わなくて」

そう聞かれて、ますます顔を赤くした花の妖精が何か言おうと口を開きかけたそのとき。

誰かの呼ぶ声が聞こえてきました。

声のする方へ顔を向けると、アジサイの花畑の向こう側に月がのぼり、涼やかな月光を背に受けて、噂の彼がこちらへ向かって手を振っています。

花の妖精は彼を見つけた瞬間、準備していた言葉がわたがしみたいに舌の上でとけてしまったようです。

赤い顔で口をもごもごさせて、抱いていたうさぎをそっと地面へ下ろすと、うさぎに向かって控えめにひらりと手を振りました。

うすべに色のおもちみたいなうさぎは、片耳を折ってウィンクをします。

花の妖精は笑顔でうなずいて、彼のもとへ駆けていきました。

花の妖精と月の妖精は手を取り合って歩いていきます。

今このときだけは、歌はいらないみたいです。


***

うっひゃあー!なんてすてきなお話なんですか!(*/□\)

すばらしいのとなんか……なんか……「うわあああ!!///」ってなるやつで身もだえが止まりませんでしたよ!!ww

ありがとうございます!!ありがとうございます!!!('ω')三( ε:)三(,ω,)三(:3 )

もっと見る

2016/06/08 01:56
コメント(3)

桜餅兎さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません