このページのリンクアドレス

エブリスタ
君の未完成なユートピア

小説 SF

君の未完成なユートピア

君の未完成なユートピア

混合 順

最後のシンギュラリティは世界の構造そのものを変えてしまう

完結

135ページ

更新:2017/09/18

説明

約15000年前 農業革命
約350年前 産業革命
約50年前 シンギュラリティ

三度の技術的特異点を迎えたワールドは、四度目にして、最後の技術的特異点であるアポカリプスを迎える。

技術的特異点を迎える度に暇な時間を手に入れた人類は、遂に新たな生命の創造以外にすることが無くなった。

生命の創造だけでなく、生命の復活をも可能になった時代。

しかし、その時代の技術を持ってしても、死者の魂の復活は成し得なかった。

人は、最も大切な記憶を魂の棚に上げる。

魂の復活が成せないということはつまり、最も大切な記憶が蘇らないということである。



ある日、ある少女が自殺した。

人を愛する心を持った少女が。

少女と両想いの仲にあった青年は、違法ではあるが、少女を生き返らせた。

魂の無い少女は、青年の名を呼んだ。

立ち会った者は安堵しているが、青年の表情は歪んでいた。

少女の記憶には青年の記憶が残っていた。

少女が魂の棚に上げていたのは別の記憶だったから。



それからワールドはアポカリプスへと向かっていく。

なんでも願いが叶う、究極の理想郷へ。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

混合 順さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント