このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

運命の流れ

小説 ファンタジー

運命の流れ

桜魅優希

『宿命』と『運命』深い結びつきについて…。

休載中

6ページ

更新:2007/07/26

説明

 自分の未来や運命など…自分自身でさえ分からないことを全て知ってる人が現れたら……
 もしも自分に、他の人にはない不思議な力があったら……

 そんな、非現実的な話の中での問いに、あなたはどの様な考えを持たれますか?自分の生涯を知っている人への態度、自分に宿された不思議な力の意味と使い道について等、百人いれば百通りの考えがあると思います。

 …では、この問いではどうでしょうか。

 あなたは、『運命の流れに逆らい、運命を変えてしまう』ことは出来ると思いますか…?


 自分の運命について、身近に感じて読んでいただきたい小説です。


〈話の内容〉

 自分に与えられた、他の人にはない特殊な能力を『宿命』と感じ、他人の為だけに力を使ってきた。しかし同じだけのリスクや対価を伴う。それでも誰かを助けたいと、自分を犠牲に生きてきた心優しき少年のあまりに残酷な運命とは…?

 そして、そんな少年を救うべくして現れた少女の宿命と運命とは…?

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

桜魅優希さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません