このページのリンクアドレス

エブリスタ
ウサギの賢者と不敵な商人(あきんど)

小説 ファンタジー

ウサギの賢者

ウサギの賢者と不敵な商人(あきんど)

マフツ

ウサギの賢者、値切り倒す!

連載中

1739ページ

更新:2018/01/17

コメント:新しい応援特典始めるのお知らせを応援特典に始めました(θしθ)なげえよ(ΦωΦ)

説明

一番最初→[リンク]。
ロブロウでの調査前編[リンク]後編[リンク]を終えて漸く、王都に帰ってきてからの物語。

―――――――――――――――
※余談この商人こちらでも登場の模様(※扱い注意発酵物)→[リンク]。
―――――――――――――――



季節は、春から夏に切り替わる目前になっていた。

日常をのペースを取り戻しつつあったセリサンセウム王国の鎮守の森にある魔法屋敷。

その屋敷の主で、相変わらずこの世界から"魔法を消す事を研究"を周りの非難をどこ吹く風と行う、自分に"ウサギの姿になる"禁止された魔法をかけた不貞不貞しい"ウサギの賢者"。

その賢者の秘書となる巫女で美少女だけれども強気な眼元と負けん気が強い女の子リリィと、護衛部隊とは言うけれど実質1人の護衛騎士の爽やかで凛々しく強いけれど、

魔法が全く苦手なアルス・トラッドも、"まあ賢者殿だから"と穏やか?な日々を取り戻しつつあった。

そこに東の国の面を愛用する、賢者と同じく"国最高峰"を冠とする仕立屋キングス・スタイナーが、長い仕入れの旅を終えて訪れ、互いの土産話に花が咲く。


そして春の区切りをつける季節祭の中に行われる、優秀な新人兵士達による剣術大会に、アルスにも参加表が届く。


賢者の旧友グランドールの営むマクガフィン農場では、麦刈りを終えた後の半年に1度のカレーパーティーの準備など。


そして、そんな中でセリサンセウムの王都の商店街において、不思議な青い髪の商人とアルスは出逢います。


『ヒャハー、私がこの世界から集めてきた、「不思議」を買っていきませんか?』


※ページコメントの返信は登場人物がランダムに伺います。

※ネタバレ的なコメントは控えていただくとありがたいです。




専属絵師は琴紅さん[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

マフツさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません