このページのリンクアドレス

エブリスタ
きつねの神様 ラブコーン

小説 恋愛

――夢の浮橋――【柳瀬奏風のHumanScramble!】

きつねの神様 ラブコーン

柳瀬奏風ーミストレス3クール連載再開ー

(2)

耳のフサフスァな神さまの悪戯で恋愛成就?!元気ガールと文学少年の和風ラブコメディ

完結

76ページ

更新:2017/08/27

説明

『神様お願い』
 その一言で何でも叶うと思ってない?

 努力為しに、あれくれ、これくれ、口で言うのは簡単だ。だけど、お生憎。神様はそんなに優しくないんだよ。
ほら、またひとりやってきた。
 さて今度はどんないたずらしてやろうか…。

元気ガールと文学少年+悪戯狐の神さまのドタバタ・ラブコメディ


さびれた祠で自分の恋の成就を願う高校生江藤紗央莉。
だがそこは悪戯狐が封印された祠だった。

紗央莉の捧げた稲荷ずしで目覚めた狐神。愛称ラブコーン。
好奇心から紗央莉の事を気にし出す。

この狐、ゴシップ恋愛好きと来た

相手の出雲晃は大の読書好きで本を開くと紗央莉の事は愚か、廻りが見えなくなるタイプ。紗央莉は告白するも、無残に振られてしまった。


お願い神さま。あたしの恋、かなえて――……。

「その唇でキスしてご覧。彼はおまえなしではいられなくなり、そして……」


09/01 完結作品投稿

この作品のタグ

作品レビュー

mimiko
mimikoさん
【作品】きつねの神様 ラブコーンについてのレビュー

一途な元気少女と、ちょっとドSなんじゃない? と思える、クールで美形な文学少年+(プラス)狐(?)の神さまが絡んだラブコメディ。
流れて行く時代と、人間社会の無遠慮な発展を嘆くシーンはありますが、肝心の神さま、お狐さまの外見はフサフスヮ(!)だし、呪いなんて、ただの小学生男子のイタズラだし。
というわけで、ずっとクスクスしながら読めます。

そしてとにかく、ヒロイン、紗央莉ちゃんが可愛い。
可愛くて、つい応援です。ファイト!

この彼女、ただ『強い気持ち』それだけを武器に、呪いにも無関心にも負けません。
誘惑にも耐えます。頑張ります。

芯の強い子なのですね。その心根がまっすぐ表れた強い眼差しには、どんな永久凍土も溶けるというわけです。
彼女は神さまの人間社会への絶望を解き、無限の冒険を語る本の世界から、男の子を見事、引っ張りだしました。

ラブコメの名に恥じない、最初っから最後まで、まっすぐなラブとコメディだけど、筆者さまの深い知識をバックボーンに、何度読んでも新しい発見が出来る、とてもおもしろい物語でした。

もっと見る

2016/09/09 21:27
コメント(1)

柳瀬奏風ーミストレス3クール連載再開ーさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント