このページのリンクアドレス

エブリスタ
GAME

小説 BL

GAME

かの扁里

2002年JUNET投稿サイト(閉鎖)掲載作品ー加筆修正 BL風味

完結

6ページ

更新:2016/09/11

説明

 「女の子に間違われることはよくあった」

それは”僕”の性別に迷う人たちと”僕”との一瞬のゲーム。
ある平日の昼下がり。いつもの駅で、”僕”は、いつもより少し長い”ゲーム”をすることになった。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません