このページのリンクアドレス

エブリスタ
負の遺産

小説 SF

負の遺産

千秋鳳次郎

(1)

そもそも、人間そのものがモンスターだと思わない?

連載中

32ページ

更新:2017/12/03

コメント:よろしくお願いします(^-^)

説明

未来日本。
移民政策実施10年後、とある事件をきっかけに国内での民族間での対立が生まれる。
激化する対立、膨れ上がる過激思想。
武装化した組織、進んだテクノロジーにより作り出された新種の兵器が殺戮を繰り返す。

移民迫害を訴える者、籍抹消の共存平和を望む者、国の存亡を脅す者、かつての統一民族国家を望む者。

様々な人間が思い描く平和が交錯し、新たな対立が生まれる現代で人類が出した答えとは……。


混沌と血と涙で繋がれていくSF系物語──────。

※虐殺、殺戮、テロ、平和、民族、人体実験等の項目が該当する小説です。舞台は未来の日本で、
民族間の対立をテーマにしています。
完全なるフィクションで、出てくる機関、兵器、人物等は全て架空です。
おぼつかない文章形成、分かりづらい描写など多々あると思いますが、ご指摘を頂ければ迅速に訂正したいと思います。暇つぶし程度に見て貰えれば嬉しいです(^-^)
応援よろしくお願いいたします!

この作品のタグ

作品レビュー

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません