このページのリンクアドレス

エブリスタ
あしたがあるということ

小説

あしたがあるということ

マム

彼女との夏は消えない。

完結

22ページ

更新:2016/09/12

説明

「ぼく」が小さい頃の夏の思い出を思いだしていく話です。

構想を思いついてから、書き始めるまでに3年かかった作品。
要は私の怠慢が垣間見えるものですね。

最近、仲間内の同人誌に載せました。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

マムさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません