このページのリンクアドレス

エブリスタ
声優

小説 ファンタジー

声優

みつお 真

(4)

売れない声優に舞い込んだ依頼は『もう一度ママの声を聞かせてあげて下さい』だった

完結

21ページ

更新:2016/12/06

説明

イベント企画会社でナレーションの仕事をしている望月かなでの元に、ある日不思議な依頼が舞い込んで来た。

『もう一度、ママの声を聞かせてあげてください』

それはママを失った少年の父親からのもので、仕事を引き受けたかなでは苦悩の毎日を過ごす。
そんな中、上司で社長の野沢が言った。

「声優である前に、役者であれ!」

『声優』 と言う人気の職業にまつわる、ちょっと不思議な物語。

この作品のタグ

作品レビュー

みつお 真 さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント