このページのリンクアドレス

エブリスタ
夢彩色の君。

小説 恋愛

夢彩色の君。

瀬那めめ

夢に満ちる頃、恋に落ちていた。

完結

23ページ

更新:2016/10/21

説明

「おやすみ」
その彼女の一言は、まるで自分を優しく包み込むようだったー。

ある町に住む鳴瀬 悠は、隣に住む少女、河本 樺恋と毎晩お互いの部屋の窓から会っていた。
そしていつの間にか悠は樺恋に恋をしてー

決して、手の届かない場所から、僕らは見つめ合う
それはまるで、夢彩色のようだったー。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

瀬那めめさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント