このページのリンクアドレス

エブリスタ
月の欠片

小説 青春

月の欠片

成宮まりい

はじまりは突然で必然

完結

10ページ

更新:2016/10/24

説明

ほのかは海を眺めていた。
いや、月を眺めていたのかも知れない。

センチメンルになったとき、現れたソイツはフニャリと笑ったのだった。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

成宮まりいさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント