このページのリンクアドレス

エブリスタ
傷だらけのGOD  樹海の怪    地獄のサバイバル!

小説 ミステリー

傷だらけのGOD  樹海の怪    地獄のサバイバル!

吉田真一

(3)

樹海の地底には知られざる秘密が隠されていた......

連載中

844ページ

更新:2018/04/24

説明

極神島の事件から1年後......
神は再びEMA達4人に試練を与える事となる。
狩人達に追い詰められた1人の青年を助けるところから物語は始まった。
やがて舞台は、東京から富士の樹海へと舞台を移し、EMA達の怒濤のサバイバルが幕を開ける。
次から次へと迫りくる敵の包囲網を潜り抜け、パワーアップした4人が着実に敵を追い詰めていく。
前作『傷だらけのGOD 極神島の秘密』を超えた壮大なスケールでお送り致します。
是非ご観閲下さい! 宜しくお願い致します。

この作品のタグ

作品レビュー

スズぴー
スズぴーさん
【作品】傷だらけのGOD  樹海の怪    地獄のサバイバル!についてのレビュー

一通り読ませて頂きましたので、レビューを書かせて頂きます。

活字離れが進む現代人にとっても読みやすい文章だったと思います。

現代人の活字離れは隙間無くびっしりと文字が書かれているのもその原因の1つと言われていますが、パラリと書かれたページ内の文章バランスが私はとても好きでした。

1ページに内容を凝縮しすぎていないので、読んでいても飽きない読み易さがあり、漫画のようにスラスラと読み進めることが出来ました。

小説の進行方法は主に、主人公目線か、クリエイターによるナレーションタイプかの2つに分かれるかと思いますが、本作については後者が採用されています。

ナレーションタイプで展開する物語の良さは、読み手が一歩引いた目線で物語全体を見る事が出来るので、状況を掴みやすい点にあると思います。

読者を置いてけぼりにしない分かり易い文章で書かれているので、あまり小説を読む習慣が無いという人でも無理なく読み進めることが出来ます。

私もナレーションタイプで小説を書いているので、物語の展開のさせ方、登場人物達の心情表現など、色々と勉強させて頂いた作品でもありました。

今後の展開にも期待したいと思います^^

もっと見る

2017/10/18 11:03
コメント(2)
あおい 千隼→原稿集中につき低浮上
あおい 千隼→原稿集中につき低浮上さん
【作品】傷だらけのGOD 2 樹海の怪についてのレビュー

ネタバレ

レビュー失礼致します。
(応援)

前作の熱気と感動の冷めやぬうちに、シリーズ第2弾が怒濤の始まりをみせました。

極神島から帰還した探偵たち。
1年の時を経て、また新たな勢力が、彼らのまえに立ちはだかる―――

極神島でのミッションから傷を負った彼らは、それを隠すイメージチェンジを果たして、逆に魅力が増したように思います。

シリーズを通し、多くの犠牲者が数を更新し、そのなかにおいて小さな光の希望が、温かい気持ちにしてくれました。
まるで家族の団らんのような描写に、頬を緩ませてしまいます。

新たなメンバーも増え、それと同時にふたたび彼らのまえにミッションが。
生きるか死ぬかのサバイバル展開。
生と死のリーブラが均等を崩せば、また怒濤の犠牲者が……

誰が敵か味方か分からない、先の読めないミステリーでございます。

今回も探偵たちは謎を解き、悪を討つことができるのでしょうか。

まだまだ序盤。
これから壮大なドラマが始まる。
最後の一文字を読み終えるまで、迷い込んだ樹海から抜けだすことはできません。

更新を楽しみにしております。
有り難うございました。

もっと見る

2017/06/15 08:00
コメント

吉田真一さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント