このページのリンクアドレス

エブリスタ
一秒後の世界

小説 恋愛

一秒後の世界

長山新

【長編】幽霊になった少年と残された少女の最後の恋の物語

完結

72ページ

更新:2017/01/05

説明

 大石健太郎は、幼馴染みのゆうなと高校の合格発表を見に行った帰り道に、交通事故に合う。
 目を覚ました健太郎の前に、死神と名乗る生真面目そうな黒髪の青年が現れ、健太郎は既に死亡しており死人(しびと)になったのだと告げられる。はじめは、信じられなかった健太郎だが、自分の葬儀を目の当たりにし死を実感する。
 葬儀にはゆうなの姿がなく、心配して様子を見に行くと、ゆうなは健太郎の死と過去のトラウマから、生きる気力を失っていた。
 健太郎は、ゆうなを元気付けようと、死神に「死人は何もできない存在だ」と、反対されながらも『あるもの』にとり憑き、姿は見えないもののゆうなと会話することができるようになる。
 健太郎と会話が可能となり、ゆうなは少しずつ元気を取り戻していっているように見えたのだが……周りを巻き込んで思いがけない事態へと発展していく。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

長山新さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント