このページのリンクアドレス

エブリスタ
風まかせ

小説

風まかせ

木村凌和

2016/10/8発行したweb再録(個人サイト)の試し読みです。

完結

14ページ

更新:2016/10/25

説明

これは、ある母親と娘とその父親の、思いをつなぎ合わせたものである。
 ある夜生まれた赤ん坊は女の子だった。
 まだ少女だった白伊颯(さつ)が、まだ少年だった瑠璃流風(るか)との間に授かった娘を嵐と名付けた。
 三人が家族として歩み出す十六年の軌跡。

 短・中編八本からなる長編『風まかせ』の隙間を埋める掌編十一本を収録。
 現代世界からファンタジー世界に越境する群像劇。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

木村凌和さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント