このページのリンクアドレス

エブリスタ
もう振り向かないで

小説 恋愛

+13kid短編小説集+ 陰と陽 <Yin and yang>

もう振り向かないで

13kid

(2)

夜に何を願い空に叫ぶんだろう。ーーしばらく君の名を叫ぶんだろうな。

完結

5ページ

更新:2016/11/24

説明

10数年前学生だった頃、住んでいたのはあのアパートだった。
タワーマンションに変わり果てたそこで、すれ違った君はすっかり立派なママになってた。

この作品のタグ

作品レビュー

あおい 千隼→原稿集中につき低浮上
あおい 千隼→原稿集中につき低浮上さん
【作品】13kid短編小説集についてのレビュー

ネタバレ

レビュー失礼致します。
(応援)

主人公が学生時代を過ごしたアパート。
10年まえを振り返れば懐かしく、ですが今目の前には聳えるタワーマンションが建っておりました。

当時出逢った女性と、飲んだ勢いで身を重ねる事となったその人は、現今では素敵な母親となっておりました。

主人公の追懐は、その女性との清福で溢れております。
ふたりでイヤホンを片耳で分かち合い、お気に入りのサウンドも共有致します。
ですが幸せとは、ただ幸福なだけではなく、時には巧く噛み合わない事もございましょう。
そんな濁流へと心が流される、後半の描写に物語は進みます。

女性との最後の食事。
最後の晩餐ともいえる、主人公の心に決めた最後の夜でした。
想いを募らせるからこそ、敢えて身を引こう――
身をつまされるような展開です。

後日譚では、幸せそうな彼女を拝見し、主人公の心情はどれ程の時を、かの君へと向かわれていたのでしょう。
それはとても切なく、ですがきっと、埋まらないピースを得られたのではないかと、そう思いました。

素敵なお話でした。有り難うございました。

もっと見る

2016/12/19 00:28
コメント(1)
柳瀬奏風@Yanase Kanata
柳瀬奏風@Yanase Kanataさん
【作品】「超・妄想コン」出品作品についてのレビュー

ネタバレ

突き刺さる。

いつもです。色々読ませていただいていますが、特にこの「振り向かない」の短編は流れるように、でも、決して振り返ってはいけないとの想いに、胸が熱くなりました。

――振り返るなという言葉は、ある意味人生の重みだと想います。
だれだって、過去は愛おしいモノ。
でも、その過去が宝物でも、相手にとっては邪魔なものかもしれない。

それを振り返るな、と言えるなら、本当に相手の立場になって考えられる「主人公」なのでしょうね。


謳うように、時を流し。
相手を想い。

時に恋して、時に別れて。


13KIDさんの短編には、しっかりと、人生が流れています。

生きること、想うこと、考える事、謳歌すること。

いろいろな人生の色をつけた短編、また楽しみにしています。
もうちょっと読みたかったので、★4ですが、良かったです(*^_^*)

(こちらにレビューさせていただきましたが宜しかったですか?)


********************

※余談ですが、13KIDさんの短編は、頭で音読して読むと、より味わいがあることに気づいてから、ちっちゃく声を出して手紙のように読んだりしています。生きている文章ですね。


深みのある文字運び、とても好きです。
コメディも面白いので、やっぱり喜怒哀楽が要なのでしょうね。

もっと見る

2016/11/09 22:01
コメント(1)

13kidさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント