このページのリンクアドレス

エブリスタ
天宮愛花は可愛い名探偵 弐

小説 ミステリー

天宮愛花は可愛い名探偵

天宮愛花は可愛い名探偵 弐

仲眞悠哉

ギャグ満載ライトミステリー小説、第二弾!

完結

283ページ

更新:2018/03/07

説明

小柄で可愛らしい少女、天宮愛花

事務所の白一点、白石直人

ゴーイングマイウェイな残念美人、西森浅葱

『怪物を宿す身体』

今回の謎は、遡る事二年前

まだ事務所に入る前の浅葱と、浅葱の母親と名乗る女性にまつわる謎

血縁関係が無いと分かっても、浅葱の母親だと頑固名乗り続ける女性の正体と目的とは一体…!?

『見せる魅せる種』

とある二人の探偵からそれぞれ出題された、二つの謎

探偵である愛花はそれを見破れず、代わりに意外な人物が速攻で見破ってしまう

果たして、愛花は探偵としての意地を見せる事が出来るのか!?

見た目はまだまだ子供、頭脳はそこそこ大人な美少女中学生探偵の、ギャグ満載ライトミステリー小説

満を持して、日常パート多めで第二弾開幕!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

仲眞悠哉さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント