このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は3ヶ月以上更新されていません。

魂の動き有りて、響く代物在り。

小説 青春・友情

魂の動き有りて、響く代物在り。

近藤黎児@11月末に入院予定

呪いの腕輪から始まる、ユルめの人間ドラマ。ノンフィクションっぽいフィクション。

休載中

190ページ

更新:2017/06/24

コメント:略称は「魂響(たまゆら)」デス。

説明

俺、ハルは、あの時は春の陽気に誘われてどうかしていたんだと思う。昨年一年間に渡ってよくしてくれた友人・ケンの言葉にハマってしまった。

「何でも願い事が一つ叶うなら、何をお願いする?」

ケンはそれが実現する、旧皆星村に伝わる伝説を知っていた。俺はケンに恩を返す意味もあって、彼が引っ越す前に願ってしまった……

ハルは突然女の子になってしまう「呪いの腕輪」を手に入れるが、呪いを解くために奔走するユルい人間ドラマ。

どうなる?俺。

~よくある注意書き一覧~

★この作品はフィクションです。作品に登場する人物名、団体名、事件等は実在するモノと一切関係がありません。

※エブリスタ学園とは関係がありません。また、どこかで見た設定だとしてもそれはデジャ・ビュというモノに違いありません。

一気に読むよりは読む日にちを分けるなどして、適度な休憩を挟んでなるべく物語の世界を楽しむ姿勢で読んで下さいネ♪

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

近藤黎児@11月末に入院予定さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント