このページのリンクアドレス

エブリスタ
式を操る華の名は 肆

小説 ファンタジー

式を操る華の名は

式を操る華の名は 肆

三島 紫水

その氷華、餞向けに。

連載中

94ページ

更新:2017/11/17

説明

荼吉尼の救済も間に合わず、
冥の華にも再びの開花を許してしまった、
冬霞紫翳と宇山晟雅。
2人の陰陽師が結束を固める一方で、
確実に、紫翳への包囲網は狭まりつつある。

じわりじわりと肥大する焦燥を煽るように、
新たな危機が2人に迫る──!
と思いきや、
紫翳の前に、意外な人物が現れる!?

転がるように日々は過ぎ、
凶つ星は輝きを増す。
決断の時は、近い。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

三島 紫水さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません