このページのリンクアドレス

エブリスタ
Space wide

小説 SF

オリオン渦状腕の勇者

Space wide

牧太 十里

わたしは人類、ヒューマンだ。他惑星のヒューマノイドの生き方を知らない。

連載中

109ページ

更新:2017/11/21

説明

 人口増加と異常気象による食糧難から、新たな地球外知的生命体探査と惑星移住計画・「ノア計画」が実行され、へリオス艦隊は、キトラ帝国が用意した二つの惑星へ移住するため、惑星キトラの静止衛星軌道上にスキップし、惑星キトラを包囲した。首都スザーラ上空の巨大攻撃用球体型宇宙戦艦から惑星移住計画の責任者ケプラーがあいさつ映像を送ると、キトラの検閲官の連絡艇が攻撃用球体型宇宙戦艦に飛行してきた。
 人工知能・クラリスは検閲官から、キトラ人が人類を食糧にしようとしている証拠を発見し、へリオス艦隊カスミ総司令官はキトラ帝国に証拠を突きつけて、宣戦布告した。

 へリオス艦隊にキトラの宇宙戦艦と地上から攻撃がつづき、キトラの攻撃に、へリオス艦隊は強固な多重シールド張り、びくともしない。新たな兵器、巨大エネルギーのヒッグス粒子弾を放ち、惑星キトラの軍事施設をソドムとゴモラのごとく消滅して行く。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

牧太 十里 さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません