このページのリンクアドレス

エブリスタ
赤の花火が消える前に

小説 青春・友情

赤の花火が消える前に

桐生あこ

(1)

完結

9ページ

更新:2016/12/20

説明

説明文がありません

この作品のタグ

作品レビュー

御景紫苑
御景紫苑さん
【作品】赤の花火が消える前にについてのレビュー

ネタバレ

はじめまして、御景紫苑といいます。
お話拝見させていただきました。

個人的にですが全体的に文字数や改行、そして文章がとても読みやすくて、物語に入り込みやすかったです。
二人共が同じように病院で過ごしているのに病気の重さが違って病室が分かれていることで、一日の中で一緒に過ごせる時間は短かったかもしれませんが、二人にとっては一番幸せな時間なんだなと感じました。

それでもヒロインが退院してから会いに来る回数が次第に減っていくことが切ないですね。
退院すればまた新しい生活があるので仕方ないことなのかもしれませんが、その間にどんな気持ちで病室で待っていたのかと思うと、二人のすれ違いを感じて少し悲しい気持ちになりました。

ラストは会いに来てくれたんだ!と喜びながらページをめくったらお兄さんだった、という展開が凄くショックでした。それはつまり……と。
彼が最後の最後に紡いだ言葉が家族への感謝とかではなく、ヒロインを思っての言葉だということに、その思いの深さを感じました。

最後の花火のプレゼントはとても素敵でした。こんなことされて泣くなという方が無理ですよね。笑

読み終えて率直に文章上手だなーと思いました。プロフィールで学生さんだと知って凄い人だと驚きました。私はまだまだ稚拙な文章しか書けないので励みになります。
学業と並行して大変でしょうけど、これからも頑張ってください。

もっと見る

2016/12/26 20:16
コメント(3)

桐生あこさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません