このページのリンクアドレス

エブリスタ
夜行列車は速度を落とす事はなく、振動と騒音を僕たち二人に与えながら走り続けるのだった

小説 青春・友情

素人道程

夜行列車は速度を落とす事はなく、振動と騒音を僕たち二人に与えながら走り続けるのだった

らくだらく● 押利鰤鰤

短編 小説 

完結

6ページ

更新:2016/12/20

説明

短編 小説 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

らくだらく● 押利鰤鰤さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません