このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は半年以上更新されていません。

お腹は痛くなるけどきっとそこにもときめきはある

小説 ミステリー・推理

お腹は痛くなるけどきっとそこにもときめきはある

marna

大規模マンションの謎たちを妄想する椎名幾のオナカイタクナールな日常。

休載中

68ページ

更新:2017/02/15

説明

 大規模マンション「ルーエドルフ」に引っ越してきた椎名幾(しいないく)は、入学したばかりの高校1年生。
 乗り物の類で「オナカイタクナール」が発動してしまう幾だったが、ここ最近、別のシチュエーションでも起こるようになったが、いまいちその法則がわかっていない。
 周りが持ち込むいろいろな謎を妄想しつつ、自身の「オナカイタクナール」の謎にも挑む幾の日常の物語。



※連載という形が初めてなもので、たぶんのちほど足したり引いたり、かけたり割ったり?してしまうと思います。その点をお許しいただけると嬉しいです。。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

marnaさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント