このページのリンクアドレス

エブリスタ
アカイメガネノカレ

小説 その他

アカイメガネノカレ

ねこじた

(2)

赤い眼鏡を不定期で掛ける、向かいのマンションの彼――。

完結

19ページ

更新:2017/01/07

説明

 前川香代(まえかわかよ)の住む部屋のベランダからは、隣接するマンションのベランダが見える。

 そこには不思議な男性が住んでいた。
 派手な赤い眼鏡を掛け、茶色の手帳を首から下げているのだ。
 しかも赤い眼鏡は、掛けていたり掛けていなかったりと、規則性がない――。

 ある日、香代は偶然にも、赤い眼鏡の彼と顔見知りになる。
 そして明かされる、彼の赤い眼鏡の秘密――。


――――――――

おしい! ちょっと文字数オーバー(-_-;)
あっ、はい、削らせていただきます……。


これまでの小説になかった(と思う。どうだろう?)、新たな試みに挑戦してみました。批判は甘んじて受け止めよう。笑

どうぞ、お楽しみください(*´ー`*)♪



ちなみにラストシーンに纏わる資料をリンク先で公開中。
読者の皆様、師走でなにかと多忙かと思われますので……(・ω・)

※ネタバレ注意※
『アカイメガネノカレ――ネタバレ』
[リンク]


――――――――

第40回 妄想コンテスト
「メガネ」が登場する物語を書こう
参加作品

この作品のタグ

作品レビュー

ねこじたさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント