このページのリンクアドレス

エブリスタ
人類滅亡寸前の世界に転生させられた青年と、親の跡を継いだのでとりあえず人類滅ぼそうとする魔王

小説 ライトノベル

人類滅亡寸前の世界に転生させられた青年と、親の跡を継いだのでとりあえず人類滅ぼそうとする魔王

神田 章

 頭のおかしい女神を罵りながら、人類滅亡寸前の世界を青年は駆け抜ける。

完結

28ページ

更新:2017/09/10

説明

※ ※ ※

 仕事はクビ。彼女にはクリスマス前に振られ。挙句の果てに、クリスマス当日に隕石衝突で死亡した不幸な青年、優木海斗。

 彼は女神シルヴィアによって、人類滅亡寸前の異世界へと強制的に転生させられる。
 そして、そこで勇者カイトとして、魔王を打ち倒して欲しいと懇願される。

 ――転生した先は魔王城だった。

 頭のおかしい女神により、生まれ変わった直後から二度目の死と隣合わせの状況に追い込まれるカイト。
 果たして彼は、二度目の人生を謳歌することができるのか――。

※ ※ ※

 異世界ファンタジー的な短編になります。
 血みどろなし、シリアスなしのほのぼの展開しかありません。安心ですね。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

神田 章さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません