このページのリンクアドレス

エブリスタ
やさしい嘘つき

小説 恋愛

やさしい嘘つき

長山新

(1)

悪女と呼ばれる彼女を騙すことが、夢を叶えるチャンスだった

完結

132ページ

更新:2018/10/02

説明

 僕の好きになった彼女を、人は『悪女』と呼んでいた――――。

 新卒の就活を失敗してしまった夏目 旭(なつめ あさひ・24歳)は、うまくいかないことばかりの毎日から抜け出せずにいる。
 そんな日々をおくる中、夏目は上手い話しを持ちかけられる。
 ある短期の仕事をこなせば、諦められずにいる記者になる夢を叶えられる――――。
 その仕事とは、『悪女』と呼ばれる女、水瀬 文月(みなせ ふづき・29歳)に近づくというもの。

 話に乗った夏目だが、出会った文月は『悪女』とは程遠い、優しく美しい人だった。

 なぜ文月は悪女と呼ばれるのか。文月の周りの不穏な動き。
 夏目は、彼女の秘密を知りたいと次第に強く思うようになっていく……。
 
 人生に挫折し立ち止まって動けずにいる二人の物語です。

この作品のタグ

作品レビュー

長山新さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません