このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

異世界エレベーター

小説 ファンタジー

異世界エレベーター

九龍

(1)

この世界に、私の居場所なんてなかった。

休載中

95ページ

更新:2017/02/17

説明

エレベーターから異世界に行けるらしい。
そんな噂を鵜呑みにし、宮野真帆はエレベーターに飛び乗った。

都市伝説を元にした物語。

異世界×恋愛×コメディ=異世界エレベーター



宮野真帆(みやのまほ)
主人公。
苛められているわけではないが、友達がいない。
元々は明るい女の子。

烏森八雲(からすもりやくも)
天狗一族の末裔。
服と翼以外天狗らしさはない。
無愛想なのが特徴。

管良イタチ(くだらいたち)
妖怪、犬神。
元気で無邪気な男の子。
八雲とは仲がいいらしい。

磯辺雫(いそべしずく)
妖怪、磯天狗。
烏森家とは親戚同士。
八雲を弟のように可愛がっている。

堺コノハ(さかいこのは)
木葉天狗の末裔。
他人が苦手で、いわゆるコミュ障。
八雲、雫と同居している。

濱田裕翔(はまだゆうと)
真帆が住むマンションの近くの中学校の生徒。
真帆より2つ年下の男の子。




2017.01.08~

この作品のタグ

作品レビュー

九龍さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント