このページのリンクアドレス

エブリスタ
ハイパーポピュリズム

小説 BL

ハイパーポピュリズム

薄水ハヤ@10/21J庭お-02b

田舎のBL。ほぼギャグです。冊子版も続いてます。

連載中

182ページ

更新:2018/09/20

コメント:オフラインでも続いています。オンライン上は分冊せずに統合しました。

説明

埼玉在住、東京勤務の会社員、鈴木健一は新婚最初の夏の休暇を妻、夏生の実家で過ごす約束をしていたが、妻の仕事の都合で一人で行かなければならなくなった。
妻の実家は相当な山奥の旧家で、そこで催される「(本当だったら一年はかかるところを二週間に圧縮した)伝統的婿取り行事」に否応なく参加することになってしまう。
その行事の目的の一つは夏生の双子の兄、朝生と「仲良くする」ことだというのだが…。
次々と現れる村人、意味の分からない行事、余裕の無いスケジュールに健一は翻弄されていくのだった。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

薄水ハヤ@10/21J庭お-02bさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント