このページのリンクアドレス

エブリスタ
生け贄の教室

小説 ホラー

生け贄の教室

優佑

今日、クラスメイトが死んだ。明日は、私かもしれない。

連載中

163ページ

更新:2018/10/24

説明

「クラスが……クラスが壊れていく…」


ある日、私達2年B組31人は
学校に監禁された。

そこで突然始まった、
クラスメイトが蹴落とし、疑い、殺し合う
リアル『人狼ゲーム』


クラスの中に紛れ込んだ人狼を見つけ、
殺すことが出来れば、
即ゲーム終了。


見つけることが出来なければ、
クラスメイトが喰われ、吊られ、全滅するまで、
ゲーム続行。



「これは騙し合いのゲームだ。騙して何が悪い」


裏切り合う仲間たち。



「ねぇ、あなたは耐えられる?自分の選択が仲間を殺していくことに」


仲間を指名しなければ、
待っているのは、自分の死。




私達は……生きて出られるのだろうか。


生け贄の教室と化した、
この、監獄から……。




※過激な表現があります。閲覧は自己責任でお願い致します。

※一般的な人狼ゲームのルールをベースにオリジナルのルールを取り入れています。許せる方のみ閲覧を推奨致します。

スター、しおり、ありがとうございます。
大変励みになります( ; ; )

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント