このページのリンクアドレス

エブリスタ
殺人企業~実録・裏社会の人間との闘いの日々~

小説 ノンフィクション

殺人企業~実録・裏社会の人間との闘いの日々~

殺人企業~実録・裏社会の人間との闘いの日々~

柊月茉莉花

(11)

夜の世界は煌びやかで…だけど、魔物も棲んでいる。金、暴力、嫉妬が人を狂わせる…

連載中

922ページ

更新:2018/10/20

説明

このままだと誰か死ぬかもしれない………


私はそこまで堕ちたくなかった………


名ばかりな社長かもしれなかったけれど………


人として最低限の心は守りたかったんだ………




お水を卒業後…数年間、ブラック企業の社長をしてた私の話です。


水商売は夢のある世界です。


頑張った分だけお金として返って来ます。


だけど、ダークな部分も大きい世界です。


これは、私の失敗を踏まえて少しでも被害者を増やさない様にと言う願いを込めて作成しました。

ありのままを書いてるので一部内容として性的・暴力的表現がありますがご理解宜しくお願いいたしますm(__)m


尚、この小説は作者の実話を元に書いてますが登場人物・団体などは仮名とさせて頂きます。



2017年エブリスタ☆ルーキー特集のノンフィクション部門に紹介されました。

もし、良かったらお気に入りやファン登録、スターなど宜しくお願いしますm(._.)m


****************************************


登場人物紹介はこちら→[リンク]


「痛客名簿~殺人企業・外伝~」はこちら→[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

桐生
桐生さん
【作品】殺人企業~実録・裏社会の人間との闘いの日々~についてのレビュー

ネタバレ

一般の会社勤めの身であれば、ブラックな会社から受けた酷い仕打ちと文句の一つも言えますが・・自分が作った会社・自分が選んだ共同経営者がどんどんブラック化して狂ってしまい、その結果起こった出来事、感情のやり場がなくなって袋小路に入ってしまいますよね。

鬱病経験者の私から見ると、作者さんは過労から始まって鬱病状態にあったんだろうな、と容易に想像できます(心療内科などに通われていたかどうかは分かりませんが)。
鬱病の時には重要な判断、大きな判断をしてはいけないという鉄則がありますが、作者さんの場合はそれが許される環境ではなかったのですね。そしてその状況の中で行った判断で、更に悪循環に陥って行った・・。

「前編終了のお知らせ」の章に書いてありましたが、そこで自らの命を終わらせないで良かったです。共同経営という形態、世間知らず、人を見る目の甘さなど、反省すべき点は多々あるとは思いますが、その辛い経験を活かすも殺すも、これからの作者さんの生き方次第だと思います。

作者さんが今どんな状態にあって、作品のラストはどうなるかわかりませんが、無理のない範囲で頑張ってください。期待しています。

もっと見る

2018/05/06 09:49
コメント

柊月茉莉花さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント