このページのリンクアドレス

エブリスタ
デス13ゲーム 廃遊園地編

小説 ホラー・オカルト

デス13ゲーム 廃遊園地編

鷹乃箸

自らの命をかけた『デス13ゲーム』の始まりです!シリーズ二作目となります

連載中

601ページ

更新:2017/12/11

コメント:クライマックスシーンはやっぱり出来るだけ派手にした方が面白いかなあ。思案投首しています。

説明

自らの命をかけたゲーム──『デス13ゲーム』

ゲームのルールはたった三つ!


『  13個のデストラップをすべて回避するか


   13時間死なずに生き残るか

  
   13人の中で最後の1人として生き残るか     

                       
   
   三つのうち、いずれかをクリアすればゲーム勝者となる      』


市内の廃遊園地に集まった13人の参加者たちは自らの望みを叶えるために、『デス13ゲーム』に挑むのだった。

☆登場人物が多いので、前置きがかなり長くなっています。その分、いろいろと仕込んで
あります。どうしてもという方は登場人物紹介を読んだ後で、第8話のゲームスタートの場面から読んでくださっても大丈夫です。

☆ストーリーはあまり考えずに勢いで書いているので、あとからいろいろと修正をいれるかもしれません。その点はどうかご了承ください。

☆「デス13ゲーム」の第二作目になりますが、一作目を読んでいなくても楽しめる内容となっています。

☆一作目を読んでいる方には、思わずクスッとくるような小ネタが入っているので、そのあたりも楽しんでいただけたらうれしいです。

☆単語やカギ括弧は、最後にまとめて統一させます。

☆迷路と迷宮の違いは大目に見てください。

☆園内のアトラクションの配置は、最後に修正します。


◎シリーズ一作目はこちらになります 『デス13ゲーム ~死神に命を懸けた者たち~』 [リンク]

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

鷹乃箸さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント