このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

天気雨の鏡子さん

小説

天気雨の鏡子さん

9時から君

狐の血を引く者達の青春恋愛物語

休載中

74ページ

更新:2017/10/27

説明

『伯耆五狐』の1つ『弓浜家』の本家長男となった弓浜凪の元に、ある日突然、名門『桂蔵坊家』の長女、桂蔵坊鏡子がやって来る。

彼女は凪の許嫁だと言い、凪が『桂蔵坊家』に相応しい者であるか見極める為にお付き合いから始めることを提案する。

逆玉に目の眩んだ凪の母親に押される形で、鏡子とお付き合いを始めた凪だったが、それによって狐の血を引く者達のゴタゴタに巻き込まれて行くのであった。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません