このページのリンクアドレス

エブリスタ
Black jack

小説 ミステリー

Joker

Black jack

水渕澪

彼女からは、いつも木蓮の香がした

完結

216ページ

更新:2018/10/13

コメント:科捜研と科警研を混同していた節がある、と気づいたので、その部分を書き直しました。(;'∀')

説明

 バンドの追っかけをしていた少女がある日消息を絶ち、彼女を探していた友人の少女は遺体で見つかった。

 警視庁公安部参事官付警部補である日生は、麻薬取締官の二人と共に捜査を開始する。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

水渕澪さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません