このページのリンクアドレス

エブリスタ
弟を振り向かせるのはどうやら難しいようです。

小説 ライトノベル

弟を振り向かせるのはどうやら難しいようです。

名無 リュウノスケ

(3)

オタク弟に弱味を知られたギャル姉はしぶしぶ弟のヒロインになることに…!?

連載中

559ページ

更新:2017/11/23

コメント:《お知らせ》挿し絵の案内! 506ページにて、私の会社の先輩が描かれた絵を載せております!転載禁止でお願いします。

説明

《お知らせ》

* 表紙イラストは、しじみ様に描いていただきました。[リンク] 

* 一応、毎日深夜に更新の予定をしております。


《作品説明》

人は外見だけではわからない

ヒロインの一人である槇乃 萌佳(まきの もえか)
見た目はギャル中身はクソ真面目な女の子である。

そしてこの物語の主人公で萌佳の弟でさらに妹系美少女が大好きなオタクである槇乃 祐哉(まきの ゆうや)

見た目はギャルだが中身は真面目な姉を知っている祐哉
本当のギャルではないことを学校中にバラさないかわりにひとつ萌佳にお願いをする。

「姉さん、僕の理想のヒロインになってください…、そして僕を振り向かせてください……」

 あるきっかけで、小説を書くことになった主人公は
真面目なギャルの姉と疑似恋愛をして、その経験で学園ラブコメ小説を書いていくのである。

さらに祐哉に弱味を握られて犠牲になるヒロイン達! 
そしてこの物語の中で鍵となる4つのパズルのネックレス、その運命のネックレスを巡るドタバタ系ラブコメディです!
いったいどのヒロインが祐哉を振り向かせられるのか!!

──────
 
7月13日の新作セレクションで選んでいただきました。
いつも読んでいただいている読者様、スターなど応援をしてくださる皆様、エブリスタ編集の皆様には大変感謝をしております。

この作品は3部作で完結の予定です。
まだまだ先は長いですが、これからも応援よろしくお願いします。

名無リュウノスケ.

この作品のタグ

作品レビュー

虎上神依
虎上神依さん
【作品】弟を振り向かせるのはどうやら難しいようです。についてのレビュー

ネタバレ

まだ途中までしか読めていませんが、凄く面白かったのでレビューをしに来ました!
ともかく色々なヒロインが出てきて振り回されていく様は本当に面白かった、というか祐哉君のオタクっぷりには脱帽です(笑)
自分も割りとオタクと自覚していますけど流石に敵わないですね……、なんという個性。

登場人物の殆どが個性豊かでそこから展開される日常(?)、ハラハラしたり、笑ったり、共感したりと読んでいて飽きませんでした!
情景も綺麗に描かれていて簡単に想像できて感情移入がしやすかったです、ライトノベルとしてかなり面白い作品だと自分では思います。

特に今読んだ中の展開では委員長を介してアイラさんと仲直りするシーンがとても良かったです、というより急に委員長が介入してびっくりした……。
結構想像していた展開と変わっていたのが自分としてはかなり驚きでしたね。


以下、若干辛口的な意見混ざっていますが真に受けなくても構いません。
個人的な感想なんで……。

読んでいてストレスはなくテンポよく展開されていて、情景もバッチリ。ただ若干ながらも気になったのは1人称の混在――結構注意したほうが良いと僕は思っています。1人称と3人称では小説の語り手が全く異なるので急に入れ替わるのはちょっとマズイかなと思っていたりいなかったり。(意識的にやっているのあれば申し訳ないm(_ _)m)

後はカギ括弧と地の文を連結すると若干読みにくい感じがしました。(自分としてはね(笑))


なんか上から目線みたいで申し訳ないっ!
そんな訳で僭越ながらレビューさせて頂きました、またどこかで会いましょうぞ!
ではでは~。

もっと見る

2017/11/05 09:30
コメント(3)

名無 リュウノスケさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント