このページのリンクアドレス

エブリスタ
戦国長編小説 蝶や花や

小説 歴史・時代

戦国長編小説 蝶や花や

シン

濃姫と信長を筆頭に忍も登場。ifの恋が紡ぐ歴史ファンタジー

連載中

1155ページ

更新:2017/12/11

コメント:次回、設定集→濃姫の手紙→特別編(信長・濃姫エピソード)→18話→12/31夜完結予定

説明

2017/10 最強ヒロイン特集に掲載。
LINEスタンプリリース開始。詳細は完結後にでもお知らせします。

個人HPで2017年から連載している、ラジオドラマ版のノベライズ。
大河ドラマ風の群像ロマンスです。12月、本能寺の変突入。

信長と濃姫、それぞれが抱える過去を、一心同体となって乗り越える――。
信長が幼いころに決意した天下泰平の夢に、濃姫が織田家最強の将として力を尽くす。

天下泰平というテーマに、数組のifの恋愛が絡んできます。
大枠は史実にそっていますが、オリジナルの人物やエピソードもあります。

前半は信長と濃姫を中心に、中盤は伊賀の服部半蔵・甲賀の望月千代女という忍を中心に、後半は蘭丸、終盤はふたたび信長と濃姫が中心に描かれます。

イラスト作者
・濃姫立ち絵:旭日 様(著作権は旭日様に。公開許可いただいています)
・挿絵漫画:峰藤大和 様(著作権譲渡済)
・千代女(カラー)、甲(きのえ)、阿国(おくに)は『このは様』(著作権譲渡済)

あまり量産できませんが、大和さんの挿絵も楽しんでいただけると幸いです。
全18話、長い連載となりますが、よろしくお願いいたします。


目次抜粋
第1話:尾張のうつけ者
第4話:尾張統一
第5話:桶狭間の戦い
第8話:美濃攻略/世界平均聴衆率1.5億人突破
第12話:風林火山
第15話:天下争奪、長篠の戦い


長すぎて読めないという場合、3話~4話は史実としてももたつくころなので、飛ばしてもらってもストーリーは理解できると思います。
1話ごとに幕を複数たてているので、気になるところだけ読んでいただくのもうれしいです。

この作品のタグ

作品レビュー

春野 サホ
春野 サホさん
【作品】戦国長編小説 蝶や花やについてのレビュー

ネタバレ

イベントにご参加くださってありがとうございます。さっそくレビューさせていただきます。

詳しく調査なさったうえで書かれている歴史小説だということがよく伝わってきます。日本史の知識をある程度持った、もしくは、日本史が好きという読者なら、興味を持ちながら読み進めることができると思います。

ですが、読んできて気になる点がございましたので、下記に上げさせていただきます。

・言葉の難しさ。ある程度文章に慣れているのならあまり苦労なく読めるとは思うのですが、そうではない読者は、地の文や会話文に多用される少しむずかしめな言葉を見ただけで、ページを閉じてしまうかもしれません。もう少し言葉を分かりやすいものに変えた方が、いいかもしれません。

・歴史にある程度知識、関心がないと分からない。今でも分かりやすいように、読者に伝わるようにと気を付けながら書かれていることは伝わってきますが、やはり難しいです。
分かりやすくというのは歴史小説の難しいところではありますが……。

・会話文と地の文のバランス。地の文が多用されているかと思うと、会話文がページのほとんどを占めている、そんなところが気になってしまいました。お互いのバランスを取った方が、読者は読みやすいです。

・ところどころの急展開。読者を飽きさせないためには展開に勢いをつけることも大切ですが、急すぎる点が多々見られました。上げるとするならば、鶴姫が刺客に殺され、濃姫が嫁いできて、信長に寄り添おうと思うまでです。せっかくのドラマティックな場面ですので、もう少し登場人物の心理描写を増やして、読者の感情移入を進めていただきたいなと思いました。

気になった点は以上です。

せっかくの重厚で詳細な歴史小説ですので、心理描写や、文などに気を付けられると、ますます読み応えのあるものになるかと思われます。

レビューは以上になります。
個人的な見解を多分に含みますので、作者様の必要な分だけ参考にしていただければと思います。

もっと見る

2017/08/22 18:17
コメント(1)

シンさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント