このページのリンクアドレス

エブリスタ
一週間娘

小説 現代ファンタジー

一週間娘

スズぴー

(14)

ある日突然、僕の部屋に現れたのは7人の女の子だった

完結

32ページ

更新:2018/01/01

説明

普通に大学を出て、普通に会社に入って、普通に一人暮らしをしながら生活しているサラリーマン。

そんな平凡な生活を送る主人公の生活がある日を境に一変する。

その日も普通に仕事を終えて家に戻ると、見たこともない女の子が当たり前のように自分の部屋に上がり込んでいた。

一週間の月曜日~日曜日までの7日間、曜日ごとに違う女の子、7人の女の子が主人公の部屋に来るようになった。

何故こんなことが起こったのか、誰がどういう目的で始めたことなのか、理由は全く分からない。

主人公は毎週のように7人の女の子達との生活を送ることになる。




----------------------------------------------------------------------

先日、部屋の掃除中に発見したUSBメモリの中に、私が大学の頃に思いついた作品が入っていたのを発見しました。

あまりの懐かしさから、当時の文章をそのままに短編作品としてこれを公開してみようと思いました。

今よりも更に文章力が低く、読みにくいかもしれませんが、よろしくお願い致します。

テーマは一週間の擬人化です。

----------------------------------------------------------------------

この作品のタグ

作品レビュー

スズぴーさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント