このページのリンクアドレス

エブリスタ
さぁ、種明かしをいたしましょう

小説 ミステリー

奇術師 『霧生 匡』

さぁ、種明かしをいたしましょう

玻璃斗

(1)

好色家奇術師『霧生 匡』の絢爛たる推理

連載中

863ページ

更新:2019/02/20

説明

新作セレクション8月10日に選ばれました!
ありがとうございます!
2017年 10月19日閲覧数1万超えました。
2018年 9月13日閲覧数2万超えました。

「さぁ、種明かしをいたしましょう」

マジックショップ『流星』で人体切断マジックに使うジグザグボックスからバラバラ死体が発見された。

事件を担当することになった女刑事『織本 紬』は第一発見者の双子の保護者でありジグザグボックスの所有者、そして事件現場にも関わらず自分を口説き始めたマジシャン『霧生 匡』に疑いの目を向ける。

そんな中、ホテルで行われた匡のマジックショーで脱出トリックに使う水槽から突然女性の遺体が現れて……

2017年7月2日執筆開始

※この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件などには一切関係ありません。

※イラストは自作

※大まかな内容は変わりませんが誤字や修正箇所があったりするので細かい改変があると思います。

この作品のタグ

作品レビュー

玻璃斗さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません