このページのリンクアドレス

エブリスタ
雪融け

小説 恋愛 その他

雪融け

高橋鈍

ラはいつまでも、僕の中にいる

連載中

41ページ

更新:2017/11/13

説明

時を隔ててなお、ラは僕の中にいる。
見えはしないけれど存在を感じる、空気の中の微粒子のように。
ラの喪失は僕にとって結局のところ断絶ではなく、
記憶の中の彼女との長い対話の始まりであった。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

高橋鈍さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません