このページのリンクアドレス

エブリスタ
ラグナロク-神々の黄昏

小説 ミステリー

ラグナロク-神々の黄昏

永戸 拓也

(3)

中身に関するコメントが頂けたら、嬉しいです。

完結

475ページ

更新:2017/10/11

コメント:プロ志向です。書籍化を目指しています。宜しくお願いします。

説明

時は19世紀末、スカンディナビア半島の南東部に位置する小国家郡、
ヴィクトール国、その中のイヴレイという街が主な舞台である。
16歳の少年アダムが、イヴレイの学園に転校し、
そこである少女とひょんな出会いをする。
少女の名は、サラ。
彼女は頭脳明晰で人間離れした美しさをもつ。
しかし、右目には眼帯をし、学園の東に離れる図書館塔にいる、孤独な少女である。
彼女の秘密とは?そして学園に隠された、過去の過ちとは?
全八章からなる本格ミステリ。

作者紹介
 小5の頃に「バック・トゥ・ザフューチャー」を観て以来、
伏線を張る物語が好きになりました。
 他に好きな映画は「パルプ・フィクション」「バタフライ・エフェクト」等。
 本は、小説はもとより、歴史、物理、量子力学、宗教、神話等を
好んで読みます。
 好きな小説は、安部公房著「砂の女」
        芥川龍之介著「蜘蛛の糸」等
 あとはミステリ小説全般。
 特に影響を受けた作品は綾辻行人著「十角館の殺人」
            我孫子武丸著「殺戮にいたる病」
 好きな漫画家は、浦沢直樹氏。特に「MONSTER]、「20世紀少年」には
衝撃を受け、小説を書き始めてから多大な影響を受けています。

 好きな音楽は、洋・邦問わず、ロックバンド。
 


      

この作品のタグ

作品レビュー

永戸 拓也さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント