このページのリンクアドレス

エブリスタ
おっさんは、はげても走る・・菜々子の観察と事件簿

小説 ヒューマンドラマ

おっさんは、はげても走る・・菜々子の観察と事件簿

村尾守彦

(12)

今日も走ってますよ~~おっさん達は

完結

171ページ

更新:2018/09/19

説明

説明文がありません

この作品のタグ

作品レビュー

ももたろう
ももたろうさん
【作品】おっさんは、はげても走る・・菜々子の観察と事件簿についてのレビュー

ネタバレ

「小さい時からその名前なんですか?」
いいなーこういうの好きです。
これは「小さい時から禿げてるんですか」と聞くより面白い。

ピーちゃんは結構優しく気遣いができる人ですな。(おいらそっくりだ?どこが?頭が)

そうですとも、マラソンほど体に悪いことはない。(だからおいらは、走ることと若い女性に声を掛けることはしません。うん何かあったな?)

おいらも女性がはげる時代と、男女混浴がどこでも可になる時代を夢見てます。おいらが生きてるうちに是非。

コントロールはどうした。ボールを壁に当ててどうする?

「アベック」ね、今や死語に近いかも。でもおいらもこの世代ですので、歓迎ですこの言葉。
いちゃついてるべたべた感が「半端ない」ですよね。カップルはどうもすがすがしくて良くない。公園の暗がりでこそこそやっているのは是非ともアベックであって欲しい?

そうか、髪は短い友達だったのですね。抜けてなくなった一本がとても大事でしたね。

「今日はこれぐらいにしといたるわ」あーこれねどこかで聞いたぞ、そうだ吉本喜劇だ。
うん良いね。ますます、乗ってくるねピーたん。


こんな調子では終わらないので、急いで最後の方に。
そうなんです、特に大きな事件ではないですが、日常どこにでもある様な出来事をあの「おっさん」にからめ、それも面白おかしく、どんな出来事もあまり深刻にならないできちんと納得できる落としどころに持って行ってくれるのがうれしいです。作者様の力量に感服です。

いやーあの海水浴場でのピーちゃんのガン見ね。「久々に生で見たんでしょう」って、いやー立派な観察眼。恐れ入ります。
そりゃ、おっさんだって男、若い女性のしたたるようなお尻、それを見せられたら、海水浴場だけに「欲情」もしますわな。

上条君は消防士ですか。かっこいい。
まー寿司と言えば、「サーモン」ですよね。はまち好きです。

井戸掘りですか。へ―カンボジアにですか。

なんだか、学生時代の恋人の最後を看取るとか、優しいですね。
いつも何かをしているじっとしているのが苦手、それもすべて他人のために。
でも年ですからそんなに速くは走れません。適度に力まないのが素敵です。
笑とペーソスにあふれたおっさんの好ましい姿を存分に堪能させていただきました。すばらしい。男たるもの、ある程度の年になったらこうありたいと思うものでありました。

もっと見る

2018/06/27 21:43
コメント
藤島紫/高執筆エントロピーの為、沈殿待ち
藤島紫/高執筆エントロピーの為、沈殿待ちさん
【作品】おっさんは、はげても走る・・菜々子の観察と事件簿についてのレビュー

ネタバレ

おっさんが運んでくれた、菜々子の幸せの物語。

チャラチャラ軽~い生活をしていた主人公が出会った、
ハゲたおっさん。

でも、このおっさん。

実は誠実で正義感が強くて、優しい。
主人公は若くて可愛い女性なのに変なことはしないし、
むしろ、娘のようにずっと見守っていてくれています。

おっさんと出会ったことで、
主人公の考え方、生き方が一変し、
派手ではないけれど、幸せな日々を過ごします。

途中で、主人公の派手な友人が
派手な結婚式をあげたものの、その後、苦労するエピソードがあるのですが
ひょっとしたら、
おっさんに出会わなかった時の主人公の未来の一つだったのかもしれないと思いました。

おっさんは、優しいです。

誰かのために、自分なりにできることをいつもやろうとしています。

そういう優しい人との出会いが、
人の気持ちを優しいものにして行くのかもしれないなと思いました。

読み終わったらきっと、
誰かに優しくしたいなって思うはずです。
あ、
あと、
きっと回転寿司のサーモンが食べたくなります(笑)

オススメのお話です。

もっと見る

2018/05/22 10:26
コメント

村尾守彦さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません