このページのリンクアドレス

エブリスタ
月闇の扉ー第一章 その日、青い光が飛んだ

小説 ファンタジー

月闇の扉

月闇の扉ー第一章 その日、青い光が飛んだ

瑞原チヒロ

旅する彼らが知るものは。

完結

530ページ

更新:2017/09/18

コメント:9/18 第一章完結です!長らくお付き合いありがとうございました!

説明

四神が守護する大陸に≪月闇の扉≫が開く――。
時を同じくして、とある島国で王が亡くなった。第一子、王女ラナーニャは王の御霊を送るための儀式へと向かう――。
やがて来る王国の崩壊。島から弾き出された王女は記憶を失ったまま、とある旅人たちと出会う。
その出会いこそが彼女の運命の始まり、そして彼女は立ち上がる。

恋愛ちょこっと剣と魔法の旅モノファンタジー。

暇つぶし作品を目指していたのになぜかどシリアス。人がそこそこ死ぬので注意。めまぐるしく場面転換します。

第二章→[リンク]

■アルファポリス、小説家になろうにも掲載。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

瑞原チヒロさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント