このページのリンクアドレス

エブリスタ
暗殺者オッターヴィア

小説 恋愛 純愛

暗殺者オッターヴィア

あやか

スパイ兼暗殺者とターゲット。きっと君は僕をいつでも殺すことができるだろう――。

連載中

50ページ

更新:2017/10/13

説明

「君の思考では、どうやっても僕が君を愛してるからってことにはならなそうだね」

「……戯言を聞く気はない」

***

大貴族の長男ヨーセフ・カルレニウスと、その邸に仕えるメイドのヴィルヘルミーア。

ごくありふれた身分違いの恋人――のように見える二人の間には、実は身分差などよりももっと大きな問題があった。

ヴィルヘルミーアは、カルレニウス家と敵対している組織に属するスパイ兼暗殺者だったのだ。


お互いに秘密を抱えている二人の恋の行方は――。


10/05
最強ヒロイン特集で紹介していただきました。
本当にありがとうございます!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント