このページのリンクアドレス

エブリスタ
九品寺竜也の語り草

小説 ライトノベル

九品寺竜也の語り草

AKIRAN

(1)

”大概屋”九品寺竜也は大概のことは引き受けます。

連載中

12ページ

更新:2017/09/08

コメント:修正:小華の年齢を奏鳴曲と合わせました

説明

三角 健二(みすみ けんじ)がある日出会ったのは”大概屋”を名乗る自称「舌先三寸の魔術師」九品寺 竜也(くほんじ たつや)だった。

大概の仕事は引き受ける!



※「奏鳴曲」の登場人物が主人公ですが、前作を読んでいなくても問題ありません。
気になられたら「奏鳴曲」もよろしくです!

この作品のタグ

作品レビュー

AKIRANさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント