このページのリンクアドレス

エブリスタ
±1

小説 恋愛

±1

すずはら

仰ぎ見る、落下点。着地する?それとも、

完結

11ページ

更新:2018/01/22

説明

「飛び下りた先に人の頭がある確率ってどのくらいなんだろうね」

そいつはいつも斜め上から。

決して並ぶことはなくて、でも、いつも気付くと俺を見ている。

「ここが好きだから。ダメ?」

なんにもないのに。

砂場でビー玉を見付けた子供みたいな顔をして。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません