このページのリンクアドレス

エブリスタ
君とミサンガ

小説 恋愛

君とミサンガ

名波夏美

あの日の彼に、君はよく似ていた。

連載中

53ページ

更新:2018/10/02

説明

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
約束から10年たった始業式
私の目の前に現れた人は
保育園の時、ミサンガというお守りをくれた
一成くんにとても良く似ている人だった。

名前は、小森律明くん。

私は彼から目が離せなくなっていた。

一成くんに似ているけど
全く別人の彼

私はまだ、彼の秘密を知らずにいた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

名波夏美さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません