このページのリンクアドレス

エブリスタ
スミレの騎士

小説 恋愛

スミレの騎士

鈴木 眼乱

「俺が手を貸してやろう」 紅いハイヒールの美少年は、花の騎士団でした。

完結

56ページ

更新:2017/09/01

コメント:ハイヒール、美少年、お花、シンデレラストーリーが好きな方はぜひ読んで頂ければ幸いです。ハイヒールを履きたくなるような物語

説明

雑草と呼ばれ虐められているスミレが、屋上で出逢ったのは紅いハイヒールを履いた美少年、薔薇ヶ咲 美彦(ばらがさき よしひこ)。彼の所属する、「悲しみに暮れている乙女たちを助ける」という謎の組織、花の騎士団の力を借り、スミレは変わることを決意する。一か月後のファッションショーに向け、果たしてスミレはどう変わっていくのか。ハイヒール、美少年、花が乱舞する物語です。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

鈴木 眼乱さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント