このページのリンクアドレス

エブリスタ
教室の吊り橋

小説 恋愛

教室の吊り橋

リク

隣の席の少女は、二重人格というあだ名で呼ばれていた。

完結

15ページ

更新:2017/09/05

説明

某短編コンテスト用に書いた作品ですが、大幅に文字数オーバーしてしまったので、普通に投稿します。今から削ってもいいのですが、きっと間に合わない・・・・・・体力の限界・・・・・・!!(9月5日20時現在)クソッ! 運営さん、『10000字程度』にしてくれッ!

本当は爽やかな恋愛小説にするつもりでしたが、重い話になってしまいました。ちなみに自分の経験も少し入ってます。(人と喋れないとところとかゲーム廃人なところとか)
なので、本作を通じて、大人しい人もいろいろ抱えて悩んでるんだぜ、辛かったりするんだぜ、ということを知っていただければと思います。君崎のような人は現実にもいますが、決して人を馬鹿にしてそういう態度をとっているわけではありません。
そして、いじめは絶対に許される行為ではありません!

作品説明とは。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

リクさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません