このページのリンクアドレス

エブリスタ
雪布団

小説 恋愛

雪布団

鈴木 眼乱

「きっと私の死ぬ日には雪が降るわねぇ」 雪絵は夢の話をしてくれた。

完結

4ページ

更新:2017/08/15

コメント:雪の日に書いた物語です。少しでも涼しくなりましたら幸いです。

説明

老人は愛人の雪絵から、彼女の故郷の風習である雪布団の話を聞く。
「きっと私の死ぬ日には雪が降るわねぇ」
そして、雪絵が亡くなった日に雪が降った。
老人は彼女の遺言どおり、雪布団に寝かせてやるのだった。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

鈴木 眼乱さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません