このページのリンクアドレス

エブリスタ
一矢の毒

小説 恋愛

妄想の海

一矢の毒

あさぎ茉白

(4)

妄コン「恋のはじまり」参加作品。ピックアップルーキーに選んでいただきました!

完結

18ページ

更新:2018/05/09

コメント:恋に落ちる瞬間があるとすれば、それは毒にあたるようなものだと思います。

説明

彼があの矢を外さなければ、きっと私は恋などしていない。

ピックアップルーキーに選んでいただきました!ひよっこの私、大変励みになりました!ありがとうございます。゚(゚´Д`゚)゚。


弓道の試合を舞台に、恋に落ちる瞬間を描きました。

作者、学生時代にアーチェリーと弓道をかじっておりましたので、題材に取り上げてみました。

試合が冬に集中していて、すごく寒かったのを記憶しております。

小笠原流という流派の部活で練習していましたが、日置流の射法がすごく好きでした。

残念ながら、試合で恋に落ちることはありませんでしたが、こんなことあったら良いな、を形にしてみましたので、読んでいただけたら幸いです!

この作品のタグ

作品レビュー

あさぎ茉白さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント