このページのリンクアドレス

エブリスタ
鷹の翼⑦

小説 歴史・時代

鷹の翼

鷹の翼⑦

那月

時は江戸時代幕末
新選組を目の敵にする、というほどでもないが日頃から敵対する1つの組織が..

完結

40ページ

更新:2018/03/08

説明

時は江戸時代幕末
新選組を目の敵にする、というほどでもないが日頃から敵対する1つの組織があった

鷹の翼

魅堂黒鷹という若い男を筆頭に新選組への嫌がらせ、任務妨害、たまに義賊の真似事もしてみたりする彼ら
時代の戦乱に巻き込まれることはないが、なぜ新選組を敵に回すのかは不明

これは、幕末を戦い抜いた新選組が史実とは全く関係ない鷹の翼との日々
鷹の翼の日常。日課となっている嫌がらせ、思い出したかのようにやって来る不定期な新選組の奇襲、アホな理由で勃発する喧嘩騒動、町の騒ぎへの介入、それから恋愛事情

そんな毎日を見届けた、とある少女のお話


なお、本当に史実とは別次元の話なので容姿、性格、年齢、話の流れ等は完全オリジナルなのでそこはご了承ください
よろしくお願いします

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

那月さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント